アインシュタインが唱えた「人類最大の発明」とは

アインシュタインが唱えた「人類最大の発明」とは

 

アインシュタインが唱えた最大の人類最大の発明。

 

何だと思いますか?

 

相対性理論?

 

シュレディンガー方程式?

 

いいえ、

それは「複利の力」です。

 

主に資産運用で述べられることの多い「複利運用」

 

対して「単利運用」もあります。

 

双方の違いは何なのでしょうか?

 

 

単利で稼ぐケース

 

例えば1万円を、1か月の利率が100%の銀行に「単利」で預けたとします。

 

その場合、1か月たつと、

1万円+(1万円x100%)=2万円ということで、

1万円稼げたことになります。

 

ここで、「単利」ということで、稼いだ(1万円x100%)分は引き出します。

 

次の1か月は、同じように

1万円+(1万円x100%)=2万円となり、1万円が稼げます。

 

つまり、毎月1万円稼げるという事になります。

 

こうやって単利で続けていくと、

10か月後には、10万円稼げることになります。

 

複利ではどうなるのか?

 

例えば1万円を、1か月の利率が100%の銀行に「複利」で預けたとします。

 

その場合、1か月たつと、

1万円+(1万円x100%)=2万円ということで、

1万円稼げたことになります。

ここまでは同じですね。

 

でもここからが違います。

 

2ヶ月目は、

2万円+(2万円x100%)=4万円に

 

3ヶ月目は、

4万円+(4万円x100%)=8万円になります。

 

そして、

 

10か月後はいくらになると思いますか・・?

 

50万?

 

100万?

 

いいえ、

1,024万円です。

 

(計算式)

1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024

 

最初の1万円を、単利運用すれば、10か月後に10万円稼げますが、

複利運用では、10か月後に1,024万円になるんです。

 

これが「複利の力」です。

 

 

そんな理想論でしょ?

 

そう思いますよね。

 

実際、今の銀行の金利は、0.02%くらいです。

 

「年」ですよ。「年」。

100万円預けても、年に200円ぐらいです。

 

「理想論」って思う気持ちは分かります。

 

 

でも、もし

 

「月利」で「200%」に増える方法があるとしたらどうでしょうか?

 

そんな方法が今だけ無料で紹介されています。


http://bit.ly/32Qao2Q

 

いつまでも公開されているわけではありません。

具体的な方法をぜひご確認くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました